WEB戦略に重要な影響を与える4つの要素


ここ10年ちょいの間、数え切れない数のWEBサイトに関わって来た。WEBサイトを新規に構築したり、リニューアルする上でのプランニングプロセスにおいて、重要視しているキーファクターが4つある。

ネットワーク [ Network ]
このWEBサイトはネットワーク上でどこにポジショニングするのか

「ターゲット」というアバウトなイメージではなく、すでにある「ネットワーク」にアプローチし、その中の「ポジション」を確立する。

WEBサービス [ WEB Service ]
このWEBサイトWEBサービスを提供しているのか

来訪するユーザーは、つねに何かを得ようとしてWEBサイトに訪れている。単純に情報を並べるのではなく、ユーザーのニーズを満たサービスを提供する。

データベース [ Database]
このWEBサイトは他が持ち得ない価値を持つデータベースがあるのか

WEBサービスの優位性を決定するのは、簡単に集めることの出来ない価値のあるデータベース。その価値あるデータをユーザーが簡単に使える状態にあるのか。

運用 [ Operation ]
このWEBサイトは生きているのか。成長しているのか。

戦略(プラン)に基づいて、WEBサイトは運用してこそ価値を持つ、ニーズとシーズを汲み取って、ネットワーク全体を成長させていく事で、自身のポジショニングは確実な存在になっていく。

※あとで、プランニングシートにいつも使っている図などをアップ予定。

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中