四川大地震

四川大地震、家を失った被災者 見えない先行き
【5月21日 AFP】中国南西部を襲った大地震で、幸運にも生き延びたが家を失った被災者は500万人に上る。彼らは貧窮しており、将来の展望は暗い。

綿竹(Mianzhu)市郊外のスタジアムでは、中国当局の準備した青いテントが、山あいの地域から避難した7000人を超える被災者の新しい家となっている。道の反対側では、ブルドーザーが整地を行い、救助活動で訪れる兵士用テントの準備が進んでいる。

ある被災者の男性(25)は、この避難所で姉妹を見つけることはできたが、両親・祖父母など他の家族の安否は分からないと話す。家も仕事もなく、ここで 面倒をみてもらえるのはありがたい、と話す一方で、住んでいた地域は地震で壊滅的な被害をうけ、先のことを考えるとどこか別の場所で仕事を探さなければな らないだろうと話す。

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2394151/2941694

毎日、どのニュースをチェックしても、四川大地震関連のニュースで埋め尽くされている。本当にひどい事になっている。ちょっと前までの毒ギョーザ~チベット事件~聖火リレー~日中首脳会談と、なにかと香ばしいニュースばかり振りまいていた中国共産党が、どのように崩壊していくのかを静かに見守っていたつもりだった。しかしこの地震報導の映像には、信じがたいほどの自然災害を前に、必死になっている中国人が生々しく映っていた。毎日、コンビニでの支払いのときには、おつりを四川大地震募金のハコに入れるようにしている。

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中