なぬー!

GPSによる「世界最大の一筆描き」は壮大な嘘

スウェーデンのアーティストErik Nordenenkar氏が、「世界最大の絵画」を描いたと主張している。

国際的な輸送会社である米DHL社の配送用飛行機やトラックの助けを借りて、GPS装置を入れたプラスチック製ブリーフケースを、不規則に曲がりくねった経路で世界を巡る旅に送り込み、11万664キロメートルの一筆書きを完成させたというのだ。

作品は、地球サイズのペンとなかなか気の効いた線の運びで描かれた、誇大妄想の神のようなNordenenkar氏の自画像となっている。

問題は、ブリーフケースがDHL社の飛行機の貨物室に消えていくところを映したビデオや、最終的な領収書の山を示した写真があるにもかかわらず、このプロジェクトがニセ物であることがほぼ確実であることだ。

http://wiredvision.jp/news/200805/2008052821.html

自分としたことが、すっかりダマされてしまっていました。コチラのサイトに教えていただいただきました。

メディアアートとして久々にびっくりさせられたのになー。ネタとしては「笑って許せる」との意見が多いのですが、常温核融合もネタっぽいとのウワサも出ているので、自分的にはちょっと反省。ちょっと落ち着いてニュースをチェックするように心がけよう。おいらもがんばらなくちゃと勇気付けられたことは事実なんで、まあいいか。

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中