WEBデザイナー就職面接での課題

10年ぶりにサラリーマンになってまるまる1ヶ月がたちました。WEBデザインをやり始めてもう15年がたちますが、一番最初の会社はアルバイトからそのまま居座ったのと、その後〜つい最近までフリーランスで仕事をしていたので、実際の所、就職面接というのも初めてでしたし、履歴書と職務経歴書を書くのも初めてだったので(学生時代のアルバイトもすべて人の紹介)、覚えているうちにその時のことを書いておこうと思います。

先月からお世話になっている会社は、自社でWEBサービスを展開しています(http://www.fooooo.com/)。そこで、面接の日程の予約の時にもらった課題。面接までの課題として以下の3つの設問を事前にもらい、考えて来いとのこと。いやあ、しかし、なんという意地悪い設問なんだろう。と思いましたが、せっかくなので前日にネットサーフィンしながら、考えるのでした。

設問(1):ユーザビリティが優れていると思うサイトとその理由を列挙してください。海外のサイトでも構いません。

設問(2):ユーザビリティ向上のために必要なことは何でしょうか?(ログ解析が必要であれば、具体的にどう活用すれば良いか等)

設問(3):Youtubeの下記の2つのページを見てください。
「動画の検索結果」http://jp.youtube.com/results?search_query=beatles&search_type=&aq=f
「本日の動画ランキング」http://jp.youtube.com/browse?s=mp
「検索結果」では1列の「リスト表示」がデフォルトで、「動画ランキング」では4列の「グリッド表示」がデフォルトになっています。なぜ2つのページでデフォルトの表示方法を変える必要があったのでしょうか?YoutubeのUI担当者がどういう意図を持ってこのようにしたか、各ページの特性を考慮してお考えください。

やっぱり仕事を決めるための面談ですから、クライアントがどんな答えを欲しているのか、欲しがっている答えをジャストに提示するのが「正解!」だと考えました。しかしながら、今までフリーランスの時代や制作会社を経営していた時とは勝手が違うのは、初対面で結果を出さなくちゃならない事。就職面談というのに慣れていないのもあって、一人でテンパっていましたが・・・結局、複数の答えを持って行き、その場の状況を見て「出すもの」「出さないもの」を選別しよう・・・という作戦に決定しました。

長くなりそうなので、記事を分けます。

設問(1)の答え

設問(2)の答え

設問(3)の答え

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中