罪を憎んで 音楽は憎まず

エイベックス、小室逮捕でglobeの全曲配信停止/CD発売中止
−「@MUSIC HD Sound」も中止。「捜査の行方を見守る」11月4日発表

エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社は4日、契約アーティスト「globe」のメンバーである、小室哲哉氏が逮捕されたことを受け、今後予定していたglobeのCDの発売を中止。音楽配信でも全曲配信停止することを決定した。4日現在、エイベックス ネットーワークが運営している高音質音楽配信サイト「@MUSIC HD Sound」にアクセスすると、配信停止の案内が表示されている。

小室容疑者が詐欺容疑で逮捕されたことを受けてのもの。エイベックスは「容疑の詳細を未だ承知しておりませんが、逮捕されるという事態が生じたことは大変遺憾なことであり、今後の捜査の行方を注意深く見守りたい」とコメント。11月26日発売予定だったシングルCD「Get Wild」と、12月17日予定のシングル「Self Control」の発売中止。globeの音楽配信全曲停止を決定したという。

なお、24bit/96KHzなどでglobeの楽曲を配信していた「@MUSIC HD Sound」では配信が停止されており、同様のファイルを配信していたオンキヨーの「e-onkyo music store」、USENの「OnGen USEN MUSIC SERVER(OnGen)」でも配信が中止された。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/20081104/avex.htm

詐欺事件がらみで小室さんが逮捕された件に関して、事件としてメディアが報道をするのは構わないし、今回の事件のタネが「楽曲の著作権を譲渡」をめぐっての事だけに、センシティブに扱わなくてはならない事だと思うが、アーティストが犯罪を犯した事と、お客さんが楽曲を楽しむ(買う)のって話が違うだろう。

小室さんのリリースしてきた音楽は、あまり好んで聞く方ではなかったけども、10年以上(20年近く?)もの間、同じ時間を過ごしてきたのは間違いない。今になって「あの曲が聞きたい」と思う人も多いのではないかと思うし、レコード会社はそういう人達に楽曲を提供するのが役目なのだと思う。

何年前の話だか忘れたが、テクノミュージックやレゲエミュージックのCDを買いにくる客は「大麻」を吸っている人が多いからその手のCDを売り場で扱うのはどうか、なんてナンセンスな質問を投げかけられた渋谷のタワーレコードの方の言葉。(人づてに聞いたので確証なし・・・)

「私たちは麻薬を売っているわけではなく、音楽を売っているんだ。」

小室さんの一連の顛末からなんとなく感じた事。音楽を作ってきたアーティストはゴミのように捨てられ、コピー屋と利権屋に振り回されている、私にはこのように見える。この事件の事について、近々ちょっとよく考えてみようと思う。

広告

One Comment on “罪を憎んで 音楽は憎まず”

  1. That is very fascinating, You are a very professional blogger.
    I have joined your rss feed and look ahead to looking for extra of your fantastic post.
    Also, I have shared your site in my social networks


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中